大阪を中心に企業研修・宿泊研修・スポーツ合宿、個人・団体旅行などをコーディネイトします。

株式会社エー.エイチ.エヌ

社員研修の種類

労働組合 温泉

どの企業でも、会社で役立つスキルを学ぶため、あるいは社員同士の上手なコミュニケーションを行うために社員研修を行います。 社内には色々な立場の社員がいるため、社員研修もそれぞれに応じて種類があります。 まず新入社員研修があります。

学生時代とは異なり、社会人としての心構えや対人関係について学ばなければいけません。名刺交換の仕方や挨拶を学び、社会人としてのマナーを知る場となります。 接客の仕方や、他社に訪問したときの対応などについて学びますが、電話やメールも個人で使用しているときとは異なりますので、その受け方や送り方のルールを知ることができます。

入社してしばらくすると、新しいプロジェクトを任されたり、新しいスキルを身につけるよう上司に言われたりすることがあります。 そんなときに役立つのがスキルアップのための社員研修です。

これから会社で使用するソフトウェアについて学んだり、新しいプロジェクトに必要なコミュニケーションスキルを考えたりします。 今までは上司に言われるがまま行っていた業務も、自分で考えたり、最後までやり遂げたりするために必要な考え方を学べます。

中堅社員になると、管理職を任される人も出てきます。 また、自分で仕事を進めていくだけではなく、後輩を育ててチームとして仕事を行うこともあります。 そのようなときには管理職研修や、フォローアップ研修などを受けて今までとは違う立場で働くポイントを学ぶとよいでしょう。

チームを引っ張っていく能力、後輩のやる気を引き出すコミュニケーション術を知るのも、こうした社員研修の課題の一つです。 規模や内容にもよりますが、費用をかけてしっかりと行いたい場合には、見積もりを複数取りじっくり計画を立てることが重要です。

実践で役立つ場にするポイント

社員研修をある程度の費用をかけて行うのであれば、やはり現場で即戦力となるような方法を選ぶのが大切です。 最初に、集中できる環境を考えます。 しっかりと知識を取り入れじっくり考えるには、静かで落ち着いた環境が必要です。

日程にもよりますが、宿泊施設を用意して、普段とは違う環境で集中するのも良い方法です。一緒に社員研修を受ける同僚と食事や宿泊を共にすると、普段は見られない一面を発見でき、さらに親しくなれる可能性が広がります。 これらの良い思い出は、職場での円滑なコミュニケーション促進の一助となります。 次に、自分の頭で考えて取り組めるプログラムであるかどうかをチェックします。 内容は良いものでも、一方的に講師が話しているだけなら、つい集中力が途切れたり、頭で別のことを考えたりしてしまいます。

学んだことを会社で使えるように、何名かでロールプレイングをする、良い例と悪い例を考えて発表するなどといった工夫が必要です。 他の人の発表を聞くことで、自分なりのアイデアが浮かんでくることも期待できます。

また、研修内容が自社の実務からかけ離れたものとならないように気を付けてプログラムを決めます。 講師が自社の社員ならその心配はありませんが、外部から講師を依頼する場合には、内容をよく打ち合わせておくとよいでしょう。 社員研修の見積もりを依頼する際には、事前に費用以外にもこのような点をチェックしておくと、その後の段取りがスムーズに進みます。

費用を検討して依頼する

社員研修を行う前に、細かなプランを立てていきます。 参加人数に合わせて、どのようなプログラムにするかを考え計画を作成します。

機材や設備が必要であれば、それも書き出します。プログラムの内容によっては一日で完結するかもしれません。 一泊二日程度の研修にする場合、宿泊施設と食事、そこに向かうまでの交通手段を決めます。 プランが決まったらそれぞれの施設に個別に連絡して、見積もりを依頼しますが、一括で研修をアテンドしてくれる会社をピックアップして、見積もりをお願いする方法もあります。

一括で依頼した場合には、予定が変更したときや、人数の変動などにも素早く対応してもらえるので安心です。 また一括なら余分な費用についても確認しやすいので、結果的に費用を抑えることにもつながります。

アテンドする会社は色々あるので、インターネット上でいくつか見てみましょう。今までの実績はどのようなものか、社員研修のプランが豊富にあるかを確認するとともに、付随する必要な宿泊施設や、食事の内容もチェックしましょう。 施設の写真がアップされているなら、それらも見ておくと参考になります。 また、お客様の声やよくある質問のページがあれば、しっかり読んでおくと参考になります。実際にどんな社員研修の実績があるか分かるので、自分たちの会社用にアレンジすることが容易になります。 見積もりが手元にきたら、費用についても検討します。 担当者に色々な細かい部分を聞いて、不安を解消することは大切なポイントです。 見積もりにはすべての費用が含まれているかも確認しておきましょう。事前準備を入念にしておくことで、良い社員研修が実現します。

関西を中心に労働組合の旅行に実績のあるエーエイチエヌ。労働組合の旅行の手配やご相談を承っています。
    お電話でのお問い合わせはこちら 06-6384-1944 お問い合わせ