大阪を中心に企業研修・宿泊研修・スポーツ合宿、個人・団体旅行などをコーディネイトします。

株式会社エー.エイチ.エヌ

MR研修を行う際の注意点について

MR 企業研修・社員研修

プロパーから変わっていった医薬情報担当者のMR

MRとは、医薬情報担当者の略です、医薬品を適正に使っていくための情報を持ち、医療従事者に提供していきます。品質という大事な部分もありますが、有効性や安全性という医薬品を使うためには欠かせない情報を提供するのが役割です。高い知識が求められることから、研修などを経て活動をはじめます。ほとんどの場合、医薬品を取り扱っている製薬会社に籍を置くことになりますが、情報収集を欠かすことができない仕事として、プロフェッショナルな立場となるでしょう。

MRという名称自体は、まだ新しいもので、以前はプロパーと呼ばれていました。営業職という位置づけであり、情報を提供しながらも販売もおこなうという業界独特の内容を持っていたのが特徴です。プロパーの時代は、多くのシェアを獲得するための競争が激しく、医薬品の情報や有効性ということが二の次におこなわれていました。価格決定権を持っていたことからも、利益という部分に走りすぎたと考えられています。そこで、歯止めをかけるためにさまざまな手法がとられていき、現在のようにMRは価格決定権を持ってはならないとされました。独自のルールも制定され、情報提供者としてさらなる専門化が進められました。

営業を中心とする活動ではないため、どれほどの知識を持つのかがカギです。そこで、営業手腕から知識の向上を図るために認定試験などもおこなわれています。自主試験であり国家資格ではありませんが、医療機関によっては資格取得者以外の訪問を禁止しているところもあり、重要な意味を持ってきています。こうした知識を習得するためにも、研修は大きな役割を持っているのです。

グローバル化の波に乗り遅れないため

MRの研修がさらに必要になる背景として、製薬業界の位置づけが変化しているという点があげられます。日本の製薬メーカーの規模を見てみると、かなり小さいことが指摘されてきました。巨大企業に見えても、それは日本国内だけのことであり、海外の視点で見れば、まだまだ小さな企業が軒を連ねている状態です。実際に世界規模のトップ10に入る企業が育っておらず、海外の製薬企業とかなりの差があることが指摘されてきました。その中で海外の製薬企業も日本進出をおこなってきていることから、日本における製薬業界のグローバル化の流れは避けることができません。これまで国内市場だけを見てきた製薬会社のMRとしても、研修などで世界で通用できるほどの大きな力をつけなければいけないことを意味しています。

実際に顧客となる医療従事者に対して、MRは製薬の知識としてはプロフェッショナルな位置づけにならなければいけなくなります。これは、自社製品の情報だけに限ったことではありません。競合する他社の製品に対しても即答できるほどのプロの知識が必要です。製薬の開発は日進月歩の勢いでおこなわれている以上、毎日新たな情報を仕入れ、最新の内容に書き換えていかなければいけません。このアップデート作業もMRの大事な役割です。そして、日常の業務のひとつではあるものの、激務の中でおこなうことと捉えれば、研修による知識の刷新、新たな情報と展開などが必要です。

研修場所の選択も大きな価値を生む

MRの研修をおこなう場合でも、モチベーションを高めて生産性を向上させることが大切です。どんなところで研修をするのか、そのための場所選びも大きな要因になります。どんな規模で行うかによって違いはあるものの、大規模な研修となればプロジェクターは必須です。情報の交換をするためにも巨大なスクリーンがある必要がありますし、パソコンとリンクできるような設備もなければいけません。外国語に対してどういった対応が取れるのか、ハードという面でも活用できることが求められます。製薬に対する情報という部分ではインターネットの活用ができるかどうかは、場所として重要な意味を持ちます。その場でさまざまな資料を得られるようになり、研修としても大きな意味を持つからです。最新の情報を引き出すこともできますし、膨大な情報をネットワークで介して利用できれば、機材だけではなく準備の負担も軽減できます。

開催する際、スタッフのサポートも欠かせません。単純に人が収まる箱を手配するだけではなく、ケータリングを含めた機材手配などの必要が出てきます。高いレベルの研修をおこなう場所としては、ハード的な部分も重要となるため、相談ができるかどうかは会場選びにかかわる要点です。 MRの場合、いかに集中できる環境を作れるかが重要なポイントです。単なる集まりとしての研修では意味をなさないことから、経済的な価値も高まるようなセッティングをしなければいけません。コミュニケーションの再確認の場でもあり、本当に役立てる機会を作り出せるかどうかが、成功のカギとなるでしょう。

関西を中心に企業研修・社員研修に実績のあるエーエイチエヌの研修プランはこちら
    お電話でのお問い合わせはこちら 06-6384-1944 お問い合わせ