大阪を中心に企業研修・宿泊研修・スポーツ合宿、個人・団体旅行などをコーディネイトします。

株式会社エー.エイチ.エヌ

その場にあった服装での参加が大切

歓迎会の服装についての画像

社員全体の能力を伸ばす方法とは

春になると、新入社員や多くの転職者が配属され、会社で歓迎会が開かれます。以前から在籍して いる方の中には、いつもの飲み会に新しいメンバーの紹介が加わるだけ、と考える方も少なくありません。 しかし、歓迎会は一つの節目です。新しいメンバーとして気持ちよく迎え入れてもらうためにも、最低限の決まりごとやマナーについて知っておくと良いでしょう。参加する際の服装にも気を配ります。普段と服装を変えることで気分も一新でき、服装から会話が弾むことも期待できます。

着替えるのが難しい場合、男性はネクタイの色を変えたり、シャツをいつもよりドレッシーなものにしたりするだけでも雰囲気がかなり変わります。女性は華やかな色のアイテムを身に着けたり、髪型を変えてみたりするのもおすすめです。 また、歓迎会は会社の式典の一種と考えることもできます。規模にもよりますが、従業員が数人の普段から私服のようなフランクな職場でない限り、きちんとした服装で出席するのがマナーとなります。

男性ならスーツ、女性ならワンピースなどが挙げられますが、歓迎会の会場によってはカッチリしすぎると周りから浮いてしまうことがあります。服装を迷う場合は、あらかじめ他の出席者にどのような服装で行ったらいいか聞いておくと良いでしょう。最近では、ウェブサイトやグルメサイトで検索すれば会場の雰囲気を見ることができる場合もあります。

会社の歓迎会の服装はどんな会場かで選ぶ

会社の歓迎会では、開かれる会場によって適した服装が異なります。ホテルやレストランではドレスコードが決まっているところも多くあります。ドレスコードがわからない場合は、主催者や会場に問い合わせても構いません。歓迎を受ける新入社員や転職者はスーツを着るのが一般的ですが、それ以外の方は何を着ればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

歓迎会がホテルで行われる場合、ドレスコードの目安はスマートエレガンスです。上品で結婚式の二次会のような服装になっていれば問題ありません。男性はダークスーツに明るい色のネクタイを合わせ、ポケットチーフを挿し、女性は上品なワンピースを着用しましょう。

レストランの場合は、スマートエレガンスよりくだけたカジュアルエレガンスが目安になります。カジュアルと言っても、男性は紺やダークグレーといった暗めの色のスーツ着用が基本です。女性の場合も、ワンピースにジャケットなど、華やかさはありつつもカッチリと感じられるような服装にします。

ドレスコードにはフォーマルを含めて7種類ありますが、その中でもラフ度が高いスマートカジュアルは、居酒屋などで歓迎会が行われるときにしましょう。ただし、普段着ではありませんので気を付けてください。基本的に、普段着と捉えられるような恰好や露出が高い恰好でなければ問題ありませんから、男性はカッターシャツなどにジャケットという服装が良いです。女性も、あまりにドレッシーな衣装だと居酒屋にふさわしくないので、ブラウスにスカートやパンツを合わせる程度にします。 もしも屋外でバーベキューなど、アウトドアでの歓迎会の場合は、男性はカッターシャツやポロシャツなどの襟がついたシャツに、チノパンなどのロングパンツを合わせるのが、動きやすさもあるためおすすめです。女性はシックなトップスにし、ロングパンツかスカートを合わせます。

会社の歓迎会に避けたい服装とは

私服でも良いと言われたとしても、会社の歓迎会にはふさわしくない服装があります。 一つ目は、カジュアルすぎる服装です。例えば、デニムやフードのついた服、Tシャツが挙げられます。また、スウェットの上下も部屋着のようになり、ビジネス関係の場としてはふさわしくありません。 二つ目は、露出度が高い服装です。裸足や生足は避け、男性はくるぶしが隠れるソックス、女性はベージュのストッキングをはきます。そうすれば、歓迎会の会場が座敷であっても大丈夫です。見逃されやすいですが、実はノースリーブも露出度が高いとみなされます。ノースリーブの場合はカーディガンやジャケットを羽織って肌の露出度を抑え、スカートやズボンはひざ丈より長いものをはきましょう。 三つ目は、靴やカバンも含めて汚れが付いているもの、擦り切れていたりシワが入っていたりするものです。新品以外は、ジャケットの袖口がすれていることがあります。歓迎会では社員同士の距離が近いほど意外と細かな部分まで見えてしまいます。特に汚れやシワは、きちんとしていない人という印象を抱かせてしまいかねません。 他にも、いくつかあるドレスコードのどれもが上品であることが求められるため、派手なアクセサリー類はやめましょう。派手でなくても、ロングネックレスは食器に当たり、カツカツと音を鳴らしてしまうことが考えられるため、良くない印象を与える可能性があります。もしも迷ったときは、勤務時のルールに従うと良いです。

企業研修・社員研修に実績のあるエーエイチエヌの研修プランはこちら
    お電話でのお問い合わせはこちら 06-6384-1944 お問い合わせ